パソコンBTOナビ
HOME > BTOパソコン比較 > 法人向けPCおすすめについて

法人向けPC(ビジネスパソコン)おすすめ


法人向けPC(ビジネスパソコン)おすすめ


価格相談 支払い方法
NECダイレクト
NEC法人向け
おすすめ
複数台購入価格応相談
クレジットカード/銀行振込/前払い
コンビニ決済/代引/後払い/リース
レノボ
レノボ法人向け
クレジットカード/銀行振込/前払い
コンビニ決済/代引/後払い
富士通
富士通法人向け
複数台購入価格応相談 クレジットカード/銀行振込/前払い
コンビニ決済/代引/後払い/ショッピングクレジット
パナソニックlogo
panasonic法人向け
法人限定見積り クレジットカード/銀行振込/後払い/Pay-easy(ペイジー)/リース契約
東芝
東芝法人向け
法人限定見積り クレジットカード/銀行振込/前払い
コンビニ決済/代引/後払い/ショッピングクレジット
デル
DELL法人向け
法人限定見積り クレジットカード/銀行振込/前払い
掛売/リース/ショッピングクレジット
hp
hp法人向け
法人限定見積り 現金振込(前払い)/分割/クレジットカード
ソニースタイル
SONY法人向け
法人限定見積り クレジットカード/銀行振込/前払い
コンビニ決済/代引/掛売
アップルストア
Apple法人向け
法人限定見積り クレジットカード/銀行振込/コンビニ決済/代引/ビジネスローン/リース
エイスース
ASUS法人向け
WEB問い合わせ 代引き/クレジットカード


NECとLENOVOは2011/1の提携発表から現在のNECレノボジャパングループまで統合が進み、国内シェア1位まで成長しています。




PCの世界シェアと法人向け国内シェア




法人向けPC国内シェア

2017年度 国内パソコンシェア



2018年6月に、東芝のPC事業がシャープへ売却されると発表されました。
一方、富士通、NECも既に中国資本のレノボに統合されており、かつて栄華をほこった日本のPCは事業縮小が相次いでいます。

国内のパソコン出荷台数自体は2年連続で増加傾向にあります。

PCメーカーはレノボグループ、HP、DELLの3大グループに対して、Panasonic、Asus、Apple
が追ってきています。

10年間続いた再編も一旦落ち着き、IOTや5Gに向けての商品開発に各社力をいれています。


2015年度 国内パソコンシェア



16年度展望では、富士通、東芝、VAIO株式会社のパソコン事業統合についての検討など、業界再編が進むと想定されているが、中期的にみるとXP入れ替え特需で導入した法人向けパソコンの入れ替え需要が徐々に発生し、市場全体も一旦プラス成長となると予測されている。


2014年度上期 国内パソコンシェア



2014年度上期はOS更新特需の反動減が発生し総出荷数が前年度同期比2.7%減。
下期は最大4.7%減と統計市場最大の落ち込み予測となっている。

メーカ別シェアでは1位のNECレノボが1.3%拡大。
ランキングラインナップの中ではエイスースがもっとも高い成長率となっている。


国内パソコンシェア



株式会社MM総研調べ

法人市場はOS更新需要で14.1%増の435.5万台。消費税導入前の駆け込み需要で好調が続く見通し。

1位のNECレノボは個人では苦戦するも法人市場では平均を上回り1位。
提携効果に加えスマートフォン、タブレットへの注力が期待されている。



世界のPC市場シェア

メーカー 2Q13
2Q12
2Q13
2Q12
成長率
1.
Lenovo
16.7%
15.0%
-1.4%
2.
HP
16.4%
15.7%
-7.7%
3.
Dell
12.2%
11.3%
-4.2%
4.
Acer
Group
8.2%
10.8%
-32.6%
5.
ASUS
6.1%
6.8%
-21.1%
Others 40.4%
40.4%
-11.2%
Total 100%
100%
-11.4%

出展:IDCニュースリリース


タッチベースのWindows8.1の影響はかなりあるようです。
WindowsXP終了に伴う法人市場での買い替え需要が市場に好影響をもたらすとの見方もあります。

タブレットの成長、OSの不備等による影響で全体的にマイナス成長となっていますが、レノボは中国市場の不振にも関わらずマイナス幅を縮小。

HPとDellは直前期より持ち直しています。



法人向けPCおすすめ

世界市場、国内市場の上記情勢を踏まえても、寄らば大樹の陰。おすすめは


NEC法人向け レノボ法人向け


又、BTOメーカーでは
ドスパラ法人向けPC




以上が選択肢としておすすめになります。



法人向け中古PCおすすめ

コストをできるだけ抑えたい場合、リユース(中古)パソコンを選択する手があります。

中古のビジネスパソコンは主に公的機関からのリユースとなります。
設備は税金等で賄われる為、まだ充分に使えるモノが市場に流れてきます。

いままでは「中古PCはビジネスには不安」という方が多数でしたが、パソコン市場の変化と共に、サポート&品質共に向上し、今ではリユースパソコンも有力な方法となっています。
法人対応(同一仕様複数台、掛売り)の中古パソコンショップが多数ありますので、選択肢の一つとして検討されてみてはいかがでしょうか。

>>> 法人向け中古パソコン取り扱い店一覧





コンテンツ




Author [ マープロ企画 和田 ]



検 索


PC版で検索

BTOランキングと比較

ビルトトゥオーダー(受注生産性)パソコンを徹底比較

カテゴリー

大手メーカーPCからBTOパソコン、中古PCまでご紹介

ガイダンス

パソコンBTOナビへようこそ
激安・格安のPCからBTOパソコン、自作PC、中古PCまで、「サービス、保証、アフターフォロー、etc」比較でご案内。

ページのトップへ戻る